VansとMoMAがコラボレーション。MoMAブランドと著名なアーティストの作品をフィーチャーした
フットウェアとアパレルが発売。 近現代美術を専門とする世界有数の美術館であるMoMAとのコラボレーション。
コレクション第二弾が発売。
今回のリリースでは、エドヴァルド・ムンク、ジャクソン・ポロック、リュボーフィ・ポポーワ、
フェイス・リングゴールドの作品からインスピレーションを得たコレクションがスタンバイ。

オンライン販売開始時刻
11月11日(水) 10:00発売

代表作『叫び』(1895)で“無限の叫び”と“怒り”を描いたエドヴァルド・ムンク。
この作品をプリントしたバックパック、Tee、プルオーバーパーカー、フットウェアからは
Eraがラインナップ。

ジャクソン・ポロックはアクションペインティングの先駆者であり、ロープ状に
絵の具を投げつけたり、流し込んだり、肉体を存分に使った方法で絵を描いた。
ポロックの『One:Number31:1950』(1950)が、デジタルプリントにて
半袖のボタンダウンシャツとキャップ、Authenticを彩る。

リュボーフィ・ポポーワは、色、線、図形を使って、動きとダイナミズムを表現した
立体的な作品を制作することで“構築する”というアプローチで絵画を表現していた。
今回のコラボレーションでは、ポポーワの『Untitled』(1917)がSk8-Hiの内側と
外側のサイドパネルを使って、彼女のアバンギャルドなビジョンをフットウェアに反映させた。

フェイス・リングゴールドは、画家、作家、彫刻家、パフォーマンスアーティスト、
教育者、活動家であり、その作品は人種差別や社会的不正などの問題を浮き彫りにする。
VansとMoMAのキュレーターがリングゴールドと緊密にコミュニケーションし、コラボレーションした結果、
フェミニズムポスター作品である『Woman Free Yourself』(1971)をEraの左足に、アンジェラ・デイビス(Angela Davis)逮捕当時の響きが込められた『Woman Freedom Now』(1971)を右足に表現した。
リングゴールドの力強い言葉たちは、リバーシブルのバケットハットと長袖Tシャツにも落とし込まれている。
もうひとつのフットウェアスタイルであるSlip-Onでは、リングゴールドが最初の抽象化のシリーズで1970年代に描かれた『結婚の窓(The Windows of the Wedding)』からインスピレーションを受けて製作された。
この製品の側面には、「私の母親は、半分の成果を収めるために他の人よりも2倍努力すると述べた」というリングゴールドの手書きによる一節が表現されている。

【取扱店】

ABC-MART GRAND STAGE名古屋パルコ西館店
ABC-MART 渋谷神南店

<販売方法>
・11/11(水)オープン時より販売開始
・混雑状況によっては整理券を配布させて頂き、抽選販売とする場合もございます。
・アパレル、シューズ含め お一人さま1モデル1点の購入とさせていただきます。
・事前予約、お取り置き、お電話でご注文は承りいたしかねます。