VANS × Wade Goodall

2021年7月31日(土) 10:00 発売

オーストラリア出身のアーティストであり、
VansのプロサーファーでもあるWade Goodall(ウェイド・グッドオール)は、
波の内外を問わず、奔放な創造性と型破りなアプローチで知られ、
画期的なサーフシネマ大作「Pentacoastal(ペンタコースタル)」を生み出したクリエイティブな天才。
VANSとWadeとのコレクションがリリース。

UNISEX

WEAR

「今回のコレクションでは、クリーンなデザインと、アートやカスタマイズを組み合わせたいと思いました」とウェイド。「シューズは丈夫で、ボーナスの原色レースパックが付いているので、楽しみながら自分だけのシューズを作ることができます。どんな気分や局面でも、自分らしくいられるのです。私が描いた水彩画のプリントや刺繍が随所に施されているほか、クラシックでクリーンな作品もあります。ある時はトーンダウンし、ある時は自分のことをして満足し、ある時は絵の具まみれになる、そんな私のようなシリーズです」。

Wadeの機能性とダイナミックなデザインへのこだわりは、Vans x Wade Goodall Destruct SFにも表れています。Destruct SFは、オールブラックのデザインに、摩耗しやすい部分には頑丈なラバーで補強を施し、高度な耐久性を実現しています。レザーアッパー、ホワイトのコントラストステッチ、そして大胆なイエローのシューレースが、Destruct SFを最もユニークなワークホースシューズにしています。SK8-Hi 138 Decon SFは、ブラックスエードのアッパーに、ブラックレザーのヴァンプとディテール、ホワイトのコントラストステッチ、エレクトリックブルーのシューレース、ホワイトのソールにブラックのスターサイドウォールのアートが施されています。

ブリティッシュパンクシーン初期の熱狂的なベースメントショーで履かれていたブーツを彷彿とさせるWadeのSlip-On SFは、オールブラックのスエードとレザーにホワイトのコントラストステッチを施し、ヴァンプにはカラフルな刺繍が施されています。Destruct SF、Sk8-Hi 138 Decon SF、Slip-On SFには、取り外し可能なUltraCushフットベッドを採用し、一日中快適な履き心地を実現しています。La Costa Slide-Onは、ソフトなブラックの合成皮革で、UltraCushフットベッドにVansのロゴがエンボス加工されています。ストラップには古典的な胸像が描かれており、クラシックな雰囲気を醸し出しています。

汎用性の高いVans x Wade SSのウーブンシャツは、クリーミーなオフホワイトのシードパールで、ドレスアップにもドレスダウンにも対応し、シングルボタンポケットや裾上のVansの刺繍入りブラックパッチなどの繊細なディテールが特徴です。危険なチューブ状のサンゴ礁がある熱帯の海を生涯愛してきたウェイドにとって、ボードショーツをコレクションに加えることは必然でした。Vans x Wade Boardshortは、クラシックなブラックスタイルにチェッカーボードのディテールを施し、コントラストの効いたシードパールのドローストリングとステッチをあしらっています。

Vans x Wade SS Teeでは、古典的な胸像とカラフルな花と白い星で縁取られた、遊び心と控えめさを兼ね備えた構成になっています。Vans x Wade Jockey Hatは、つばのないスタイルで、色はニュートラルなブラウンのdirt Vansロゴはシードパールで刺繍されており、コレクションを完成させています。20年以上にわたってフリーサーフィンの最前線で活躍してきたウェイドは、2000年代初頭に比類なきエアリアルのイノベーターとして注目を集め、その後、自身のブログ「Runamuk Visuals」でクリエイティブなビジョンを証明してきましたが、その勢いはとどまるところを知らず、今年もさらなる飛躍を遂げようとしています。