Story

Shoes × Culture

xiangyuからお世話になっているあの人へ ― GRAND STAGE GINZAでプレゼント選び

Model xiangyu
Photography Yuki Nakamura
Edit & Text Kunihiro Miki

ハイエンドなシューズだけでなく、流行のスポーツミックスなアパレルも豊富に取り揃えているABC-MART GRAND STAGE。

歳の暮れにはお世話になった人へ物を贈るのが日本の慣例だ。とくに近しい間柄の人には、心のこもったプレゼントをあげたいところだが、スポーツミックスなファッションスタイルに目が無いGRAND STAGE読者のなかには、贈り物にスニーカーやスポーツブランドのアパレルを選んでみようと思っている人もいるのではないだろうか。

今回は、ABC-MART GRAND STAGEの旗艦店である銀座店の広大なフロアを舞台に、お買い物企画を実施。

実際に買い物をしてくれたのは、独特な世界観の楽曲が話題のソロアーティスト、xiangyuさん。ステージ衣装などはすべてセルフスタイリングでコーディネートしてきたという彼女が、お世話になっているあの人にシューズを贈る。

定番モデルやハイエンド、限定品など、さまざまなスニーカーやブーツが並ぶ店内を案内してくれるのは、ABC-MART GRAND STAGE GINZAの店長、岡崎秀星さん。まずはシューズを贈る際の選び方のコツを教えてくれた。

シューズギフト選びの基本のキ

「まずはプレゼント相手の本人が好きそうなものを買うのか、あえて本人が買わなそうなものを買ってチャレンジしてもらうか、どちらの方向性で行くかを決めましょう。

次に、本人がよく履いているシューズの種類やモデル、ブランドを把握しておいて、それに近いモノをいくつかピックアップします。そこから、ワンポイントで外しがあるようなものだったり、機能性で選んでみるのも良いでしょう。

一番重要なのがサイズですね。サプライズであげたいのなら、会話のなかでなにげなく『足大きいよね、靴何センチだっけ?』と聞いてみるとか、座敷の飲み会があればこっそり靴を調べてみるとか」

NIKE好きの仕事仲間にとっておきの一足を

というわけで、早速買い物スタート! まずは、xiangyuさんがパーソナリティを務めるラジオ番組の相方であるオガサワラガク(餃子超人)さんに贈るシューズを選ぶべく、店内を物色。

「ガクさんは大のNIKEファン。ファッションは、いつも全身黒でまとめていて一年中短パンを履いてる(笑)。足元はAIR MAXが多いイメージです。自転車乗りで、フットワーク軽くどこにでも行くアクティブな人。日々東京中をかけずりまわっているので、贈るならやっぱり動きやすいスニーカーですね」

各ブランドのコーナーを回りながら、イメージに合うものを絞り込む

AIR JORDAN 4にインスパイアされたデザインに新次元のエアをプラスした、「JORDAN MAX 200」をチョイス!
JORDAN BRAND JORDAN MAX 200/ ¥11,000

xiangyuさんがたどり着いたのは、ガクさんの普段のコーディネートにフィットして、かつ自身が最も好きなJORDAN BRANDからの一足。黒の「JORDAN MAX 200」だ。

「ガクさんは普段、AIR MAXかAIR FORCE 1のどちらかを履いているイメージだったので、そんなにNIKEが好きならぜひJORDANも履いてほしい! と常々思っていたんです。気に入ってくれると良いな……」

二足目はxiangyuさんの才能を見出した名物マネージャーへ

お次は、xiangyuさんや水曜日のカンパネラなどといった個性的な才能を、プロデューサーのケンモチヒデフミとともに発掘し育成してきたマネージャー、福永泰朋さんへ贈る一足。福永さん本人いわく「普段買うスニーカーは、シンプルで無難なデザインのものが多い。派手なものを買うこともあるが、結局履かずに終わってしまう……」とか。はてさて、xiangyuさんはどんな一足を選ぶのだろうか?

GRAND STAGEのフラッグシップ店として2018年10月にオープンした銀座店。内装デザインはアメリカ・シアトルを拠点にする設計事務所callisonRTKLと協業で手掛けた

「彼の相棒になるようなシューズを選びたいですね。履きやすくて、似合って……かつ自分ではチョイスしなさそうな一足」という要望を岡崎さんに伝え、いくつか候補を見比べてみる。「彼には本当にお世話になっているし、沢山面倒をみてもらっているんですが、同時に、一緒に面白いものを作っている戦友のような気持ちもあるんです。普段はなかなか感謝の気持ちを表現できる機会がないので、シューズをプレゼントして、これからも一緒に走り抜けよう! という気持ちを伝えたいです。いろんなブランドが揃っていて、ブーツやアウトドアシューズも素敵なものがたくさんあって本当に迷ったのですが、軽くて走りやすいこの「AIR MAX 270」を選びました。デザインもシンプルなので彼に似合うと思う。このシューズとともに一緒に遠いところまで走っていこう!!」

人気モデルAIR MAX 270から、オレンジの差し色がスタイリッシュな一足をチョイス
NIKE AIR MAX 270/¥16,500

全フロアを回りながら、素早い判断で商品を選んでいったxiangyuさん。良い靴を贈ることの楽しさを実感してもらえたようだ。

「お気に入りの靴を履いた日はその日のテンションが一段あがる。私にとって靴ってそういうものなんです。今回、プレゼントを贈る二人にとっても、この靴が彼らの気分を上げる存在になってくれたら嬉しいです」

大切な人へのプレゼントを選び終えたxiangyuさん。次は、予算4万円で自らの全身コーディネートを選ぶ「GRAND STAGE GINZAで自分へのご褒美選び」編。こちらは11月24日(火)公開予定。

Profile

xiangyu(シャンユー)

2018年9月からライブ活動開始。 日本の女性ソロアーティスト。名前は本名が由来となっている。

南アフリカの新世代ハウスミュージック、GQOM(ゴム)のエスニックなビートと等身大のリリックをベースにした楽曲で関東を中心に勢力的にライブ活動を行なっている。 2020年1月には、東アフリカ、タンザニアの高速エレクトロ“シンゲリ”にインスパイアを受けた楽曲「ひじのビリビリ」、そして6月5日には2ndEP『きき』をリリース。

Related Story 関連記事