2022年に創立130周年を迎えるフランスの老舗シューズブランドPATRICK。今回、ABC - MART限定モデルとしてトリコロールカラーのレジェンドシューズ「MARATHON」が発売されるのを機に、PATRICKのこれまでの歩みを振り返ってみよう。フランス生まれで実は日本とも深い関係のある、PATRICKの魅力について迫っていこう。

軽快でシュアな履き心地、スタイリッシュな細身のシルエット、エスプリの効いた美しいカラーリングなどなど。スポーティなだけじゃない、ファッショナブルなスニーカーの代名詞として、セレクトショップなどでもいち早く取り扱われてきたPATRICKのシューズを、あなたは履いたことがあるだろうか?

創業は1892年に遡る。まだ今日のようなスニーカーなどない革靴の時代に、フランス・プゾージュ村の靴職人の家に生まれたパトリック・ベネトーが、自身の名を冠したブランドとして立ち上げたことから歴史がはじまる。

時はちょうど、イギリスから持ち込まれた近代フットボールとしてのサッカーが、ラグビーを超える盛り上がりを見せていた頃。フランス国内にも次々とクラブが誕生し、機能的なサッカーシューズのニーズが日増しに高まっていた。

靴づくりの腕だけでなく、時勢を見極める目も備えたパトリックは、チャンスを逃さなかった。もともと手がけてきた普通の革靴ではなく、他に先駆けてサッカー専用シューズをつくるというチャレンジに出た彼は、それまでになかったような優れた履き心地のサッカーシューズを見事に作りあげる。そしてあっという間にサッカーファンの誰もが欲しい一足として話題となった。

その後、フランスではサッカーが名実ともにナンバーワンスポーツとしての人気を確立させ、FIFAワールドカップよりも早い1900年のパリ・オリンピックでは、世界中のファンを熱狂させることとなる。

サッカーシューズで培ったノウハウを生かし、以来PATRICKはテニスやマラソン、各種トラック競技、バスケットボールといった各種目のスポーツ専用シューズに加え、ノルディックスキー、ドライビング、トレッキングなど、用途ごとに特化させたスペシャリティシューズを開発していく。

無論、オリジンであるサッカーシューズは時代に合わせて常に進化を遂げ、特に1980年代のフランス代表選手であるミッシェル・プラティニの活躍によって、その名声を広く世界に知らしめた。

さて、ここで触れておきたいのが、ひと目でそれと分かるトレードマークとなっている、シューズ後方に刻まれた2本ラインのデザインについてだ。もともとアッパー補強のために誕生したこの2本ラインが、いまある位置に落ち着いたのは1972年のこと。フレンチブランドらしいハイセンスな配色や、歩く後ろ姿のポイントとなる斬新な配置もあって、スポーツラヴァー以外の人たち――特にファッションに敏感なパリジャンやパリジェンヌたちの間で瞬く間に話題となり、マストアイテムとなったのだ。

花の都パリは、いまも昔もファッションの首都。PATRICKを履いて街を闊歩する彼らの姿が、世界中の若者たちの憧憬の的となったことは言うまでもないだろう。

そんなPATRICKに、次の大きな転機が訪れるのは1990年のこと。経済でもカルチャーでも世界をリードしていたバブル景気の日本に拠点を置き、日本人の足によりフィットさせると同時に製品のクオリティをさらに向上させるために、日本国内での企画・生産を開始。「BORN IN FRANCE, MADE IN JAPAN」という布陣のもとでつくられる新生PATRICKの歴史が、ここに幕を開けたのだ。

フランス伝統の靴づくりのクラフツマンシップを背景に生まれ、スポーツ専用シューズとして機能性を磨き、ファッションアイコンとしての新しい価値を得たのち、日本で新しいフェーズに進化を遂げてきたPATRICK。もしもまだ履いたことがないという方は、この機会にぜひ一度試してみてほしい。

実は、そんな初めての方にこそオススメしたいのが、このABC – MART限定モデル、トリコロールカラーのMARATHONだ。ベースとなるのは1970年代のフランスで、その名のとおり軽量なマラソンシューズとして誕生し、1992年に復刻して以来、不動の人気を誇る定番中の定番である。

ナイロンとスエードを組み合わせたアッパーは、カジュアルさと上品さをあわせ持ち、大人が履くにふさわしい佇まいだ。フランス生まれというブランドのアイデンティティをスタイリッシュに、かつさりげなく主張するブルーとレッドの2本ラインは、どんなコーディネートにも合わせやすい。人気必至の限定モデルなので、早めに手に入れるのが賢明だ。

また4月23日(金)からは、ABC – MART GRAND STAGE GIZNAにてPATRICKの歴史やプロダクトをコラージュした展示やサイネージムービーを展開予定。ブランドの歩みを視覚的に楽しめる内容になっているので、ぜひそちらも体験してほしい。

Shop Information

GRAND STAGE GINZA

東京都中央区銀座2-3-7

TEL: 03-5524-1919

営業時間: 11:00 ~ 21:00

https://map.abc-mart.net/site/detail/id/21

記事内のアイテムをチェック
記事内のアイテムをチェック

Related Item 関連商品

Related Story

Shoes × Culture

同じカテゴリー一覧を見る