NIKEが新たに展開する、商品重量の20%以上の素材をリサイクル素材で構成した「TRANSPARENCY」。TRANSPARENCY=透明性をテーマに半透明素材とリサイクル素材を効果的に組み合わせた、現代的なスニーカーライフに寄り添うコレクションだ。

使用する素材から製造工程まで、プロダクトに対する世間の目がシビアになるなか、「包み隠さない」ことをテーマにしたスニーカーの全貌を見ていこう。

リサイクル素材とクリアパーツの組み合わせが新たな魅力を創出

二酸化炭素の排出量をゼロにすることを目指すNIKE「Move to Zero」のラインナップに新たに加わったTRANSPARENCY。

コレクションネームのTRANSPARENCYとは透明性の意。ランニングシューズ界を席巻するパフォーマンスシューズや、世界的なデザイナーを起用したコラボレーションスニーカーでも半透明素材を使用したプロダクトが発売されており、ヴィジュアル的な「透明」はトレンドを象徴するキーワードのひとつと言えるだろう。

アウトソールが透ける、ネオクラシックなBLAZER MID ’77

1970年代のコートシューズデザインを継承する「BLAZER MID ’77」は、重量の20%以上にリサイクル素材を採用。パーツの一部に半透明素材をインプットして、デザインにアクセントを加えた注目モデルだ。アッパーの後半部に半透明のリップストップナイロンを使用し、履き口部分の「スベリ革」やイエローのウレタンが透けるレイヤー感を演出。クラシックなスニーカーの構造をデザインとして楽しむ一足に仕立てている。

NIKE BLAZER MID ’77/Blue/¥13,200

NIKE BLAZER MID ’77/White/¥13,200

ソールのサイドに取り付けられたフォクシングテープは爽やかなアイスブルーに染まり、アウトソールに使用された再生素材のラバーが透けて見える。ショートパンツをいかした夏から秋にかけてのスニーカーコーディネートとの相性もバツグンだ。

レトロさのなかに溶け込むサステナビリティ

サイズが異なるスニーカーをマッシュアップしたようなデザインが印象的な「AIR ZOOM-TYPE」は、休日だけでなく、通勤、通学時にもおすすめの一足。「1日6時間以上履いても疲れない快適なシューズ」として開発されたモデルで、履き心地重視のチューニングが施されている。

NIKE AIR ZOOM-TYPE CRATER/Pink/¥18,150

NIKE AIR ZOOM-TYPE CRATER/Blue/¥18,150

シュータンタグやアイレットは半透明素材を使用してTRANSPARENCYらしさを主張した仕上がりに。ミッドソールには生産時の廃棄物が少ないCraterフォームミッドソールを採用している。

レトロランニングシューズを彷彿させるエバーグリーンなデザインに、トレンド感とサステナビリティを盛り込んだ。「いつものスニーカー」を今の気分にアップデートするのに最適な一足と言えるだろう。

ソール部分もリサイクル素材ならではのカラフルな色合い

包み隠さず伝える、TRANSPARENCY

Z世代のあいだでとくに顕著な傾向と言われているが、昨今はその商品がどのような企業によってどのような製造工程でつくられたのか、環境に配慮されたものであるかどうかといった点が消費者の行動を左右する。そういう意味でも、どんな素材が組み合わされているのかが一目でわかるTRANSPARENCYシリーズの「透明性」は、プロダクトの特性を包み隠さず伝えようとしているのかもしれない。

1970年代のスポーツウェアにも使用されていた伝統のデザインに「リサイクル」という新たな文脈を与えたTRANSPARENCY。NIKEのFALLシーズンにおける要注目アイコンとして、ぜひチェックしてほしい。

記事内のアイテムをチェック
記事内のアイテムをチェック

Related Item 関連商品

Related Story

Shoes × Detail

同じカテゴリー一覧を見る