言わずと知れたアメリカン・スポーツシューズのレジェンド的存在であるCONVERSE。その代名詞として知られる「ALL STAR」と「JACK PURCELL」の新作が登場。リアルツリーカモが前面にあしらわれたデザインは、深い森の中を連想させる。その世界観をイラストで表現したアーティスティックなヴィジュアルワークとともにご紹介。

いつの時代も色あせないオールドスクールの二大巨頭

スニーカーの基本の基、原点にして王道と言えるのがCONVERSEの「ALL STAR」と「JACK PURCELL」ではないだろうか。日進月歩の進化を遂げるハイテクスニーカーの存在がある一方で、決して古びることのない普遍的な魅力を備える、いわばオールドスクールの無敵な二大巨頭である。

ALL STARは1917年、バスケットボールシューズとして誕生。JACK PURCELLは1935年、バドミントンのワールドチャンピオンとして活躍したジャック・パーセルの協力のもとに開発され、驚いたことに今日に至るまで、ともに世界中のストリートを闊歩する若者たちにとってのスタンダードアイテムであり続けてきた。

何を足す必要も、引く必要もない、シンプリシティを極めたパーフェクト・フォルムのゆえに、どちらもともに世紀を跨いだ長い歴史の中で、時代時代のアーティストやクリエイターたちにとっても汲み尽くし得ないインスピレーション源となってきた。言うなれば絵画におけるまっさらな“キャンバス”となって、これまでも数限りない柄や素材違いのバリエーションが生み出されてきたわけだが、2021年も残りあとわずかというタイミングで、新たに素材アレンジモデルとして発売されるのがリアルツリーカモである。

イラストレーター大原大次郎氏によるイラストでリアルツリーカモの深い森の世界観を表現
ALL STAR 100 RTCAMO HI/¥8,800

ストリートからアウトドアまで

もともとはミリタリーをルーツとするカモフラージュ柄が多い中で、リアルツリーカモは米国RealTree社がハンティングウェア用として開発したもの。より自然に溶け込み、また自然と一体となり、自らの存在を消すための“リアル”なカモフラージュ柄は、グラフィカルなミリタリー系カモフラージュ柄とは趣の異なる、より“写実的”かつ“絵画的”な美しさを備えていた。そこに、ハンターやリアルユーザー層以外で目をつけたのがファッション業界の人々であり、1990年代にはストリートウェアのモチーフとしてちょっとしたブームを巻き起こした。そう、アウトドアウェアをストリートで着こなすというムーブメントの一翼を担う役割を果たしていたのである。

そうしてカモフラージュ柄におけるセカンドウェーブとしてのシヴィリアン・パターンを代表するリアルツリーカモは、今日に至るまでは“ちょっと通好み”なものとして一定の人気を保ってきたわけだが、ここにきて、世の中は空前のアウトドアブーム。ハードすぎるミリタリールーツのものとは一味違う、よりほっこりしたカモフラージュ柄としてのリアルツリーカモが、いま人気を再燃させているのだ。

リアルツリーカモの深い森の中に住む動物たちとスニーカーを掛け合わせた
JACK PURCELL RTCAMO RH/¥8,800

快適さとデザイン性を兼ね備えたオールマイティな一足

ウェアで着るにはちょっと勇気がいる――という方もいるかもしれないが、そんな人にこそお薦めしたいのが、今回紹介する「ALL STAR 100 RTCAMO HI」と 「JACK PURCELL RTCAMO RH」だ。素材には、リアルツリーカモをプリントしたコットンリップストップ生地(国産)を使用。軽やかかつ非常に耐久性に優れた、こちらもミリタリールーツの素材である。ソールはパキッとしすぎないエクリュカラーとして、シューレースもコットン素材に。全体的にほっこりとした柔らかな印象の佇まいとなるよう、ディテールの随所にこだわりが見られる。

オールドスクールモデルでありながらも、快適な履き心地を叶えるための“見えない工夫”として採用されたのが、高機能カップインソール「REACT」である。軽量性、クッション性、フィット性、通気性を向上させる多重構造が、足を包み込むような柔らかな履き心地で、軽やかなフットワークを実現してくれる。クラシックな佇まいの中にモダンさも同居させる、ストリートからちょっと先まで足を延ばした野山のフィールドまで出かけたくなる一足の登場だ。

記事内のアイテムをチェック
記事内のアイテムをチェック

Related Item 関連商品

Related Story

Shoes × Detail

同じカテゴリー一覧を見る