時代の先端テクノロジーを搭載したフラッグシップモデルとして2010年に誕生した「2002」。昨年、単なる復刻ではなく、進化の遺伝子を組み込んだニューモデル「ML2002R」として生まれ変わったオリジナルカラーは即完売し、プレミアがつくほどに。今回、まったく新しいカラーリングで再び登場した伝説のカリスマモデルのポテンシャルにフォーカスを当てる。

New Balanceの伝統を引き継いだ「2000」番台シリーズ

New Balanceの「1000」番台シリーズには、伝統的に時代の先端テクノロジーを搭載したフラッグシップモデルがその名を連ねてきた。1985年に「1300」がリリースされたのを皮切りに、以降「1500」「1400」「1600」「1700」と、今日もなお語り継がれ、高い人気を誇るアイコニックなモデルが揃い踏みしている。

快適な履き心地と存在感でファッションシーンでも広く浸透している
New Balance ML2002R/¥17,600

その流れを受け、2001年に誕生したのが「2000」番台だ。現代にも通用するハイスペックと斬新なデザインは、生産終了となっているいまもカリスマティックな人気を誇り、復活を望む声が数多く寄せられていた。

2010年に誕生した、通が好む一足

そうした声を受け、2020年10月に満を持して登場したのが、Made in U.S.A.で2010年に誕生した「2002」の復刻版に当たるアジア製モデルML2002Rである。オリジナルのアッパーデザインを継承し、特徴的な重厚感を実現。また過去に米国の権威ある専門誌で高評価を獲得したランニングシューズ「M860 v2」と同様のN ERGYとABZORBを組み合わせたソールユニットを採用し、履き心地とフィット感を見事にアップデート。グレーとブラックの2色展開で発売されれば即完売となり、市場ではプレミアがついて出回ったという噂も。その誉れ高い歴史に、新たな1ページを刻むこととなった。

ハイスペックなソールにはNew Balanceのヘリテージとクラフトマンシップが凝縮されている

ML2002Rが予想以上の人気を博した理由のひとつには、飛躍的な進化を遂げた履き心地に加え、オリジナルの2002が発売当時3万を優に超えるという高値だったのに対して、復刻版は、17,600円という非常に手を出しやすい価格設定であったことも挙げられよう。その存在や名前は聞いていても、高値がゆえに手に入らなかった「憧れ」が、スペックを進化させながらも手頃な価格で登場したのだから、話題にならないはずがなかったのだ。

最新技術が存分に盛り込まれ進化した復刻モデル

市場の熱狂を受け、今回ABC-MART GRAND STAGEでは間髪を入れずに再び2002の復刻版ML2002Rを発売する。新しくなったのは、オリジナルとはまた違った雰囲気を漂わせるワントーンカラー(ホワイト、ブラック、オリーブ)での展開だ。よりシンプルかつスタイリッシュな印象に仕上がった一足は、スタイルを選ばず、どんなコーディネートにも合わせやすい。またオリーブのみ上質なスエードとなり、よりシックで落ち着いた表情に仕上がっている。

重厚で高級感溢れるスエードは、味のある風合いを生み出す

スニーカーファンなら見逃せないディテール

注目したいのは、細部にまでこだわったディテールだ。アッパーのシューレース下には刺繍のNマークが、またヒールカップ部分にはNew Balanceのロゴが加えられ、新たなデザインバランスを生み出している。履き口の下にさりげなく刻印された2002Rのロゴもマニア心をくすぐる。

2002Rの刻印には、10年のときを経て復刻されたNew Balanceの想いが込められている

New Balanceを代表するヘリテージモデルの復刻は、往年のファンは言うまでもなく、伝説の一足を一度試してみたいと願う初めての層をも魅了すること間違いなしだ。

記事内のアイテムをチェック
記事内のアイテムをチェック

Related Item 関連商品

Related Story

Shoes × Detail

同じカテゴリー一覧を見る