Story

Shoes × Fashion

COVER STORY長井短が見つめる“劇場都市”池袋の今と昔

Model Mijika Nagai
Photography Kazuma Hata(amana)
Styling RIKU OSHIMA
Hair & Makeup Yosuke Akizuki
Edit & Text Kunihiro Miki

役者として、モデルとして、さらには文筆家としても独自の価値観を表現している長井短。今回のカバーストーリーは、彼女とともに、2019年オープンのハレザ池袋を中心に新しい劇場や映画館がいくつも誕生している「劇場都市」池袋の新旧スポットを巡った。

生まれ変わった西口公園へ

コンバースらしい星柄を伝統織物「西陣織」で表現したオールスター。細やかな織りと光沢感がシンプルながら上質に足元を演出する
ALL STAR 100 NISHIJIN-ORI ST HI/¥12,100

池袋に対して抱く混沌としたイメージのその中身。埼玉人にとっての東京の玄関口で、2000年ごろはドラマ『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』の舞台にもなるヤンチャな若者たちが跋扈する街、最近はアニメファンたちの聖地でもある。

池袋史として有名な話では、今サンシャインシティがあるエリアは、1950年代末までは通称「巣鴨プリズン」、旧東京拘置所だった。同施設の閉鎖後は1964年の東京オリンピックに合わせた再開発が進み、池袋は大塚や巣鴨を凌ぐ一大繁華街へと発展していった。

今また首都圏ではオリンピックが開催されるはずだった2020年をメルクマールに各地で再開発が進められてきたわけだが、「劇場都市」を目指す池袋のそれは、お祭りに合わせた一過性のものではなくて、演劇や映画、その他のサブカルチャーとともに街を発展させていくという気概を感じさせる。

前述のドラマの舞台だった西口公園は2019年にリニューアルして、「GLOBAL RING」という大型の野外劇場を備えた広場に変わった。東京屈指の劇場である東京芸術劇場の目と鼻の先だ。

演劇を志す者の多くと同じく、長井短にとっても池袋といえばまずは東京芸術劇場。そして、渋谷や新宿とは異なる独特のエネルギーが街に渦巻いているのを感じてきたという。

「東京芸術劇場の舞台にはまだ立ったことがないんです。いつか立ちたい劇場のひとつですね。池袋には、不良や肉体労働で暮らしている人々の生々しいセクシーさのようなものがあって、他の街よりもそれが濃いイメージを持っていました。その一方で、アニメイトができてからはオタクの聖地にもなった。色々な価値観の人がいていい、という状態が保たれているのはすごいことですよね」。

新文芸坐から裏路地へ

オールスター クップ シリーズ初となるSHIN-HIカットデザイン。アッパー素材には高級感のあるスムースレザーを使用し、モードなスタイルにもフィットする
ALL STAR COUPE LEATHER Z SHIN-HI/¥18,700

大規模な新施設が生まれているなかで、映画通に愛され続けている新文芸坐のような名画座が元気に営業していることも、忘れてはいけない。こうした小さな劇場が持っているこだわりやポリシーを、長井短はリスペクトしている。

「日芸出身の夫は大学時代から新文芸坐で時々映画を見ていたらしく、2人で来たいなと思っている映画館だった。新文芸坐さんはコロナ禍で苦しんでいる小規模な映画館を救済する『ミニシアターエイド』に当初参加していたのに、他の施設に比べて経済的なダメージが少ないからという理由で援助を受けることを降りたんですよね。それってすごくかっこいいことだと思う」。

再開発で街が変わっていく。そのとき、表現者たちは不安を覚える。彼らは文化がどうやって生まれるものかよく知っているからだ。

長井短は日々、日常でのできごとを切り取りながら、そこに浮かんでくる疑問や迷いに対する考えを率直に発信している。夫婦生活、落語、性差、仕事。話題は多岐にわたるが、借り物の言葉は使わずに自分の言葉で自分の考えを伝える。そんな彼女の目には、この新しい池袋の姿はどのように映ったのだろうか。

「街がきれいになることは良いことだけど、目指すものはそれだけで良いのだろうか? とも思います。優れた演劇が果たしてきれいなだけの街から生まれるのかな……と。裏通りのショーパブのような店がきちんと生き残れる街でもあり続けることが、きっとみんなにとって良い結果を生むんじゃないかな」。

ハイブランドのスニーカーなどで見られるカップソール設備を使用したスタイリッシュなオールスター。スムースレザーのアッパーに、ポイントとして星のデザインを大胆に使ったアイコニックな人気アイテムの後継モデル
ALL STAR COUPE TRIOSTAR OX/¥16,500

物憂げに池袋の雑踏に立った長井短の凛々しさには、移ろいのなかにあっても何か確かなものを残せるはず、という表現者としての矜持がそうさせるのだろうかと思わずにはいられなかった。

ALL STAR 100 NISHIJIN-ORI ST HI Coordinate

ダウンベスト/GRAMICCI PERFORMANCE/¥17,380
ブラウス/FUMIE TANAKA/¥41,800
スカート/TAN/¥35,200
デニム/vintage/¥8,580/LABORATORY BERBERJIN®
右手2連のリング/¥36,300
左手人差し指リング/¥30,800
左手中指リング/¥36,300
左手ブレスレット/¥165,000/すべてASAMI FUJIKAWA

ALL STAR COUPE LEATHER Z SHIN-HI Coordinate

トップス/Aries/¥40,700
スカート/HANA YAGI/参考商品
イヤリング/FUMIE TANAKA/¥19,800
その他/スタイリスト私物

ALL STAR COUPE TRIOSTAR OX Coordinate

MA-1/FILL THE BILL/¥68,200
カーディガン/TAN/¥42,900
Tシャツ/vintage/¥87,780/LABORATORY BERBERJIN®
パンツ/KAIKO/¥16,500
ネックレス/¥203,500
右手ブレスレット/¥49,500
右手薬指リング/¥33,000
右手中指リング/¥28,600
左手中指リング/¥31,900
左手薬指リング/¥36,300/すべてASAMI FUJIKAWA

Shop Information

GRAND STAGE 池袋店

東京都豊島区東池袋1-28-7

TEL: 03-5949-3905

営業時間: 平日 12:00 〜 21:00 / 土日祝 11:00 〜 20:30

https://map.abc-mart.net/site/detail/id/902

Profile

長井短(ながい・みじか)

1993年9月27日生まれ。東京都出身。演劇活動と並行してモデルとしても活動する「演劇モデル」。近年の出演作品としてドラマ「時をかけるバンド」、「真夏の少年?19452020」、「妖怪シェアハウス」舞台 KERA×CROSS第二弾「グッドバイ」、今泉力哉と玉田企画「街の下で」、映画「僕の好きな女の子」「あの日々の話」「耳を腐らせるほどの愛」などがある。執筆業としては「AM」「yomyom」「幻冬舎plus」にてコラムを執筆中。

Related Story 関連記事