Story

Shoes × Fashion

COVER STORY渋谷の夜明け。猥雑と洗練がミックスした次世代のストリートカルチャー

Model Leo & Sakura Maya Michiki
Photography Shiori Ikeno
Stylist Mana Yamamoto
Hair & Makeup Yoko Fuseya
Text Sosuke Misumi
Edit Hayato Narahara

ユースカルチャーの発信地・渋谷。変化するこの街のストリートから、今また「新しい感性」が生まれつつある。かつての文化と次世代の精神がカオティックに混交する。変わりゆく渋谷のいまを、フォトグラファーの池野詩織が写し出す。

渋谷の街が、生まれ変わろうとしている。高層ビルの谷間を走る路地 - ストリートに息づく精神とアーバナイズされた感性が出会い、次世代のカウンターカルチャーが芽吹きつつある。かつてのユースカルチャーが持っていた熱狂的な盛り上がりとは少し違う。クールで洗練された、シニカルな反抗。混ざり合うことそれ自体がこの街のアイデンティティならば、渋谷はいまも変わっていない。百年前から変わらず、変わり続けている。群青色の静かな街に、朝の光が差し込んで、昨日と今日が混ざりあう。気だるげに迎える新しい朝。渋谷の夜が明ける。

01:15 AM - 知らない人との知らない場所

喧騒からすこし離れた場所に、渋谷の隠れ家「SOBER」がある。美しい創作和食と自家製蕎麦を楽しみ、バーカウンターで話題のカクテルを。そしてその場に居合わせた人と雀卓を囲んで夜を明かす。和とも洋ともつかない、何者でもない。しかし、そこにしかない――。異質なものが混ざり合って生まれる独特の雰囲気が、いまの渋谷らしい。

VANS LACEY ベージュ / ¥6,050

CONVERSE ALL STAR OX / ¥7,700

PUMA FUTURE RIDER PLAY ON 07 / ¥9,900

04:30 AM - 見たことある? 渋谷からの日の出

夜が明けるころ。渋谷の街が一望できる場所まで、友だちと合流してのぼってみた。新しい宮下公園のアーチが見える。真っ赤な太陽が、街の表情を変えていく時間。白んでいく空に思いっきり手を伸ばしてみたり。いま、ここにしかない夜明けを味わう。

ASICS GEL-LYTE V OG / ¥13,200

06:00 AM - いつもと何かちがう、新しい朝

退廃的な雰囲気が残る、道玄坂の路地裏。100年前からジャズが流れる、レトロな店を横切る。再開発のきらびやかな光がまだ届かない、渋谷の裏の顔。過去と現在が出会うこの場所で、新しいストリートカルチャーが生まれる。そんな予感がする、渋谷の朝。

Related Story 関連記事