Story

Shoes × Detail

アイコニックアイテム雲の上を歩く? 究極の履き心地を実現したハイエンドスニーカー ―New Balance M1300

TextHiroshi Sato
IllustrationAtsushi Ave
EditHayato Narahara

ブランドを代表するアイテムのルーツを紐解き、その魅力の本質に迫る連載企画。シューズ史の1ページを担ってきた数々の名プロダクトを振り返りながら、シューズの大辞典「アイコニックアイテム」を構築していこう。

今回のアイテムは、New Balanceを代表するヘリテージ M1300。「スニーカー界のロールスロイス」と讃えられる、そのラグジュアリーな存在感と抜群の履き心地で、発売以来絶えずスニーカーファンから羨望のまなざしを集めてきた当モデルのルーツを探る。

1985年に誕生した名作スニーカー

熱心なスニーカーファンに「最も憧れるNew Balanceは?」と聞いたとき、M1300の名を挙げる人も多いだろう。New Balanceのフラッグシップモデルとして1985年に登場したM1300は、通気性や耐久性、屈曲性など機能美あふれるデザインのアッパーを採用し、その後のプロダクトにも受け継がれるクッショニングテクノロジー「ENCAP(エンキャップ)」を初めて搭載した名作として、今も多くのファンに愛されている。

ENCAPとは、ミッドソールに搭載されたEVA(エチレン・ビニール・アセテート)樹脂をPU(ポリウレタン)で包み込んだ素材で、軽く、安定性に優れている特徴を持ち、ABZORB(アブゾーブ)やREVLITE(レブライト)と並んでNew Balanceを象徴するテクノロジーのひとつ。多くのモデルでミッドソールに印字されるENCAPのロゴが誇らしい。

M1300JPのミッドソールにも「ENCAP」ロゴが刻印されている

M1300JPのミッドソールにも「ENCAP」ロゴが刻印されている

1985年当時としては異例の高額モデルであった130ドルで発売され、国内では3万9000円のプライスタグが付けられた。その価格と高級感あふれる履き心地から「スニーカー界のロールスロイス」と讃えられている。また、M1300を愛用したラルフ・ローレン氏が「雲の上を歩いているようだ」と絶賛したエピソードも知られているものの、こちらは確かな情報ソースが存在しておらず(ラルフ・ローレン氏が着用していたのは事実)、うわさ話が独り歩きした可能性もある。ただ実際にM1300を履いてみれば、その軽い履き心地を「雲の上を歩いている」と表現したくなるのも納得するはずだ。

5年ごとに復刻される日本企画「M1300 JP」

工場にて完成したばかりのM1300JP

工場にて完成したばかりのM1300JP

New Balanceを代表するヘリテージモデルと評しても過言ではないM1300には、大きく分けて2つの復刻モデルがラインナップされている。そのひとつが、「M1300 JP」と呼ばれるプロダクトだ。2010年以来5年ごとに数量限定で復刻され、そのたび瞬く間に完売。 “JP”のモデル名が示す通り日本で企画された復刻モデルで、発売されるのは「STEEL BLUE」と表記される、落ち着いたグレー系でコーディネイトされた1色のみとなっている。

M1300JPは、手作業と機械の両方で製造される

M1300JPは、手作業と機械の両方で製造される

M1300 JPを語る上で欠かせないエピソードといえば、2010年の発売に向けて企画がスタートしたときのこと。本国(米国)側は2010年発売モデルに相応しく、高いクオリティを追求する一方で、日本側は1985年当時のオリジナルならではの、決して均一とはいい難い縫製や、ビブラム社製のアウトソールなどを”味わい”と捉え、そのディテールまで忠実に再現しようとした。このように、こだわり抜かれたM1300 JPは5年ごとに数量限定でしか発売されない、いま最も入手するのが難しいスニーカーのひとつと言える。

1991年のアップデートを継承する世界基準の復刻モデル「M1300CL」

M1300CL

M1300CL

もうひとつの復刻モデルがM1300CL。誕生のきっかけは1980年代後半の日本におけるM1300ブームにある。発売後、大々的な展開はされていなかったM1300だが、その完成度の高さが口コミで話題となり徐々に人気を獲得し、世界各地の在庫が日本に集まり即完売したという。そこで「M1300は売れる」と考えたアメリカ本社が、”CLASSIC”の頭文字から”CL”を付け、1991年にM1300CLとして発売した。

初代モデルから細部がアップデートされており、シュータンのNew Balanceロゴの下に入るCLASSICの文字や、アウトソールのヒール部分に「XAR-1000」と刻印されている点が特徴。このXAR-1000は耐磨耗性に優れるカーボン素材で、着用時に磨り減りやすいヒール部分の耐久性を向上させるもの。1985年当時のオリジナルやM1300 JPにはないディテールとなる。アッパーの縫製精度も高く、税込みで3万円を超えるスニーカーに相応しく仕立てられているのが印象的だ。

M1300JPのアッパー部分は機械で製造されている

M1300JPのアッパー部分は機械で製造されている

また、M1300CLはオリジナルにはないカラーバリエーションを展開している点も見逃せない。もちろんSTEEL BLUEが醸し出す品のあるカラーが魅力的で、CLASSIC版にもSTEEL BLUEは存在する。それでもスニーカーをファッションの一部としてとらえるのであれば、好みのコーディネートと相性の良いカラーを展開するプロダクトの方が手に取りやすい。
それぞれ異なるバックストーリーを持つM1300 JPとM1300 CL。どちらも「最も憧れるNew Balance」に相応しく、現代のスニーカーシーンには欠かせない名作だ。

Related Story 関連記事