ブランドを代表するアイテムのルーツを紐解き、その魅力の本質に迫る連載企画。シューズ史の1ページを担ってきた数々の名プロダクトを振り返りながら、シューズの大辞典「アイコニックアイテム」を構築していこう。今回のアイテムは快適な履き心地とコーディネートに取り入れやすいデザインが幅広い世代に愛されているSaucony「JAZZ」。ハイパフォーマンスランニングシューズとして設計され、2021年にデザイン誕生40周年を迎えた定番スニーカーの歴史とアニバーサリーイヤーに登場したスペシャルプロダクトを紹介しよう。

快適な履き心地は、ソールが奏でるご機嫌な音楽に例えられた

多くの人にとって馴染み深いスニーカーブランドのひとつSaucony。そのSauconyのアイコンというべき、最も売れているモデルが「JAZZ」。全国に展開するABC-MART GRAND STAGEでも定番のモデルであり、豊富なバリエーションが店頭を賑わせているクラシックランニング系のスニーカーだ。

1981年に発売されたJAZZのオリジナルは、時代を代表するランニングシューズとして、世界中のランナーから人気を集めるパフォーマンスシューズだった。当時、足病外科医の第一人者であったフランク・サントピエトロ氏監修のもと、軽量化とバランスを重点に置いて開発。スエードとナイロンを組み合わせたアッパーは軽さだけでなく、通気性や耐久性を確保。アウトソールには“トライアングル ラグ パターン”と呼ばれる三角形のソールパターンを採用し、ランニングシューズに不可欠な高いグリップ性とトラクションを発揮した。このトライアングル ラグ パターンはSauconyが展開する最新のランニングシューズにもアップデート版が搭載されていることも、その信頼の高さを裏付けている。

1981年に発売されたオリジナルの「JAZZ」

当時のランニングシューズの完成形と評しても過言ではないJAZZは、ランニングシューズのレビューが好評のランニング雑誌『Runner’s World』において最高評価の5つ星を獲得するに至る。狙い通り軽量化とバランスに優れたJAZZの履き心地は高く評価されていたのだ。

当時の広告にはJAZZの快適な履き心地を表現するために、soul musicにかけた“sole music”というキャッチコピーが使われていた

世界中のファッショニスタに支持される「JAZZ」

2021年はJAZZのデザイン誕生40周年にあたる記念すべき年だ。JAZZが築き上げた40年の歴史の中ではオリジナルのデザインを踏襲した復刻モデルだけでなく、さまざまなバリエーションが提案されている。例えばソールを薄くして現代的なストリートシーンに馴染むシルエットにリデザインした「LOW PRO」や、アウトドアテイストを加えた「PEAK」など、時代のトレンドを反映したJAZZを展開。世界各国のスニーカーブティックとのコラボレーションモデルも加わってレトロデザインのランニングシューズを好むファッショニスタを魅了し続けている。シンプルなデザインがコーディネートに取り入れやすく、軽量で履き心地に優れるスニーカーを求める女性からも支持を集め、性別や世代だけでなく、幅広いライフスタイルを好む人々に愛されるJAZZは、Sauconyを象徴するアイコニックアイテムと讃えるにふさわしいだろう。



JAZZをスタイリッシュにした「LOW PRO」(上)とアウトドアテイストを盛り込んだ「JAZZ PEAK」(下)

現代的に再解釈した2つの40周年記念モデル

そしてデザイン誕生40周年である2021年に登場した「JAZZ 81」は、1981年の名作に最大の敬意を払いつつ、現代的なアップデートを施したスペシャルモデルである。NAVY/SILVERとBLACK/SILVER、そしてGREY/SILVERのオリジナルカラーを再現したアッパーに、シルバーのサイドラインをインプットしたルックスはレトロランニングの王道といえる。

オリジナルを再現したラインや当時のシュータンロゴなど、1981年当時のJAZZを彷彿させる

特筆すべきは現代のランニングシーンでも高く評価されているSauconyが、本気でJAZZをリデザインしている点にある。シリアスランナーであれば2020年7月にSaucony初のカーボンプレート搭載型厚底ランニングシューズとして登場した「ENDORPHIN PRO.(エンドルフィン プロ)」が瞬く間に完売した出来事を覚えているかもしれない。Sauconyは次世代の厚底ランニングシューズとして、パフォーマンスを重視するランナーに注目されている。そのSauconyが1981年のJAZZを忠実に再現するのではなく、あえてアップデートを施した40周年記念モデルを発売。その特別なスニーカーが奏でる“sole music”の新曲は、実際に着用した者だけが楽しめる特権だ。

40周年を記念した「ICON 40THパック」

さらにSauconyの最新テクノロジーを楽しみたいのであれば、最新のパフォーマンスシューズでENDORPHIN PRO.の他にも、オールラウンダーシューズとして根強い人気を誇る「KINVARA 12」のアッパーにJAZZオリジナルのカラーを踏襲したハイブリッドパッケージ「ICON 40THパック」が用意されている。タウンユースはもちろんジョグでもその機能を発揮する、日常使いには欠かせないコレクションだろう。Sauconyが誇るアイコニックアイテムJAZZの40周年はスタートしたばかりだ。ここで紹介したJAZZ 81に続くであろう特別なプロダクトに期待が高まるばかりだ。

記事内のアイテムをチェック
記事内のアイテムをチェック

Related Item 関連商品

Related Story

同じシリーズ一覧を見る

Shoes × Detail

同じカテゴリー一覧を見る